FC2ブログ
プロフィール

blogs18nnnn

Author:blogs18nnnn
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

07 | 2018/08 | 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
nikki
スポンサーサイト
スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
ガスコンロ 電気コンロとガスコンロ
スポンサードリンク

ワンルームのアパートに住んでいます。20代女性

毎日自炊+お弁当(OLの為)で電気コンロ(平べったいタイプ)を使用しているのですが、3000円くらいのカセットコンロを買ってそっちを使用したほうがいいでしょうか?

ガスの詰め替えは面倒だと思いますが、ガスコンロの方が火力が強いですよね?

あと電気代としては、このまま電気コンロを使い続けるのと、ガスコンロ(詰め替え)をかえるのとどちらが費用がかかりますか?

ちなみに毎月の電気代30Aはエアコン+パソコン込みで4000円前後です。

よろしくお願いします。



ガス使うならプロパンガスのほうが安いと思うけど。

小型のボンベなら室内にも置けるでしょ。



スポンサーサイト
【2008/06/11 05:38】 | 未分類 |
先住民族 少数民族・先住民族について
スポンサードリンク

 以前ベトナムのサパという街に行った時に、周辺に住んでいるモン族という少数民族に会い、その民族衣装と村の棚田を見て感動しました。ですが彼らは貧しいようでしたし、地元の人達から差別的な視線で見られているようでした。

 彼らのような少数・先住民族の文化や生活を守り、かつ彼らが幸せであるためには、どうすればよいと思いますか?

 また将来そのような活動に関わりたいと思ったら、どんな事を勉強すればよいのでしょうか。



今でも十分幸せなのではないでしょうか?

恐らく数千年前から、それほど変わらない暮らしをしていると思います。

豊かとか貧しいとかというものの見方は、非常に主観的なものです。

むしろ日本人のほうが不幸せな気がしますが。

世界中、どうして?とおもうような過酷な所でも人は住んでいるものです。

先祖代々の生活を守り、次の世代に伝えてゆきます。

世界には、テレビを一日中眺めるだけの人もいれば、一日中畑で鳥の見張りをする人もいますし、岩山に生えるわずかな穀物だけで生活する人もいるでしょう。

幸せは人それぞれです。



【2008/06/07 19:01】 | 未分類 |
西村美保 田舎暮らしの有名人
スポンサードリンク

都心から離れて、田舎暮らしをしている芸能人・有名人ってどんな人がいますか?



細川護煕元首相が、湯河原かどこかで畑仕事をしたりの自給自足の生活をしています。

奥様にはその生活が耐えられないとかで、細川元首相だけが行っているそうです。

TVで「単身赴任だ」とか言って笑ってたような覚えがあります。



【2008/06/06 07:56】 | 未分類 |
C++ cコンパイラーはないのですがc++コンパイラーだけでいいですか?
スポンサードリンク

C++は、Cにない、いくつかの機能を付け加えたもの という説明が あるページに ありました。

 現在は、cとc++に違いがあるという認識はありますが、.cが出来ないで、.cppができるという作業環境関係になっています。

 作業環境は"CPad for Borland C++Compiler" です。

このままcの学習を"CPad for Borland C++Compiler"だけで進めても問題が、あるでしょうか?



仰るとおりC++はCの機能を拡張したものですので、普通は.cppのファイル内にCのソースを書き込んでも問題ありません。私もフリーで入手できる"Borland C++ Compiler 5.5"でC++を勉強しながら使っています。簡単なプログラムはこの環境でCで組んでいますが、今のところ問題ありません。

ただ、"malloc"とか"printf"などC++では別の方法が用意されている関数を使うとWarningが表示されます。(コンパイルはできます。)

但しmalloc関数の宣言が、C++上ではすこし注意が必要です。



【2008/06/05 03:24】 | 未分類 |
ヤマト運輸 ヤマト運輸が行政に訴訟をするということの意味は?
スポンサードリンク

 ヤマト運輸は以前からよく行政を訴えるということがあるように思います。新聞にも、ヤマトはまたやったか!などと書いている事があったかと思います。これは、どういうことでしょうか?ヤマトの歴史的な背景になにか大きな理由があるのでしょうか?それとも、経営哲学か何かに元づいているのでしょうか?



ヤマトは宅急便を開発して、郵便小包より利便性をよくして、個人の荷物のシェアを奪いました。またメール便を開発して、普通郵便や書籍小包のシェアを奪いました。

郵政はその都度、手紙を配達してはいけない、クレジットカードは信書である、などとクレームをつけて、参入を妨害しました。

そして今度は、原価を無視してローソンなどと組んで、小包(ユウパク)のシェア奪還をもくろんでいます。

法人税などを払わず、国の税金で設備しているところが原価を無視して安値攻勢にでてきたら、民間では太刀打ちできません。

ま、ヤマトはサービスのよさで、郵政には負けないと思いますが。



【2008/06/04 03:16】 | 未分類 |
| ホーム | 次ページ
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。